忍者ブログ
研究室生活のメモ・・・だった過去の遺産。移転先→http://negimochix2.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、あるサイトに運営において必要なFlash(正確にはAIR)を制作中.

Tweenerの最新バージョンが気になったので調べてみた.
どうやら最近,ちょっとしたごたごたがあったみたい.

TweenerはFlashを記述するAction Script 2.0,3.0のライブラリ.
オブジェクトを動きを簡単にかつ詳細に設定できる万能ライブラリで,かなり多くの人に使われている.
というか,普通にプロも使ってそう.
Google Codeで配布されてます.
http://code.google.com/p/tweener/

現状の最新版は1.33.74.
その前バージョン1.32.74において, 「Tweenerの上書き」の設定について不評があり,1.33.74ではそれが修正されている.


そもそもTweenerの上書きって?
同じオブジェクトに対してTweenを連続で設定したとき,以前のバージョンまでは自動で上書きされてていた.
var mySquare:MySquare = new MySquare(); // 正方形
var myCircle:MyCircle = new MyCircle(); // 円
mySquare.x = 20;
mySquare.y = 20;
stage.addChild(mySquare);
myCircle.x = 20;
myCircle.y = 20;
stage.addChild(myCircle);
Tweener.addTween(mySquare, {x:160, time:4, transition:"linear"});
Tweener.addTween(mySquare, {x:160, time:2, transition:"linear"});
Tweener.addTween(myCircle, {x:160, time:4, transition:"linear"});
Tweener.addTween(myCircle, {y:160, time:2, transition:"linear"});

▲実行結果

x座標を連続で設定したmySquareは,後に書いた方に上書きされていることが確認できる.

ver.1.32.74の変更点
Tweenの上書きをオプション扱いにする.その際,デフォルトではfalse(無効)
なので,上のコードをver.1.32.74で実行すると,


▲ver.1.32.74で実行

mySquareの設定が上書きされなくなる.

そのかわり,オプションに,
Tweener.addTween(mySquare, {x:160, time:4, transition:"linear"});
Tweener.addTween(mySquare, {x:160, time:2, transition:"linear", overwrite:true});
overwriteオプションを追加することで,前バージョンと同様に上書きされる
しかし,前バージョンのライブラリを使っていた人にとっては,バージョンアップによって動作に問題が生ずる可能性がある.

ver.1.33.74の変更点
そこで,現最新バージョンでは,Tweenの上書き設定をする静的プロパティ「autoOverwrite」を追加し,上書き設定のデフォルトをtrueとした.
これにより,前バージョンまで使っていたASであっても正常に動作し,かつ上書きの有無を設定できるようになった.

つまり,上書きをしたかったら,今まで通りそのままでおk.
上書きしたくないのなら,上記ver.1.32.74のようにオプションで1つ1つ設定するか,以下のようにして設定する.
Tweener.autoOverwrite = false;
Tweener.addTween(mySquare, {x:160, time:4, transition:"linear"});
Tweener.addTween(mySquare, {x:160, time:2, transition:"linear"});
ver.1.32.74で上書き設定をデフォルトでfalseにした理由は,その処理速度の問題から.
Flashはしばしばというか,かなりの場合,処理速度が重要なキーとなる.
まあ,スクリプト言語だし,C言語に比べれば計算速度自体かなり遅い.
だから,できるだけ速くする努力は必要.

今回の「上書き設定」は,上書きしないことがわかっているなら,最初からfalseにしといたほうがコストが少なくすむ.
例のFlashの実行結果からように,以前のバージョンのTweenerでは,同じオブジェクトがTweenを設定されたとき,まず,同じプロパティがあるかどうかを探索する.
同じプロパティがあった場合は,その設定を上書きして,ない場合はそのまま設定を追加する.

・・・ということは,今まで作った自分のプログラムもfalseにした方が効率上がるのかな?
どこかで上書きしてたら困るけども.
どれくらい速くなるかは要検証.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Infomation
くさもち 【中の人】
・くさもち
・ボカロ廃大学院生
・βからのニコ厨
・もちろん非リア充
・ミクZ4 第二期個人スポンサー

【メール】
・negimochi.tabetai(゚Д゚)gmail.com
(゚Д゚)→@

【その他やってるもの】
Twitter

・これは痛いピアプロ
・過去の遺産smart.fm

【作ったもの】
・製作に参加したDTX GDPメインサイト
で,実際に作ったIRページ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Heartsnative
『Heartsnative/MOSAIC.WAV×鶴田加茂 feat.初音ミク』応援中!
VOCALOID Ranking Watcher
新曲は常にチェックすべし。
真・フルみっくすプレイヤー
おすすめ記事
jubeat ripples
今更やってみる